じっと手を見る

毎日に気づきと発見を 日記っぽいエッセイ

夜霧とスキップについて

f:id:bandsgr51try:20171115215756j:image

 昼間降っていた雨は夕方には止んで、仕事から終えて帰る頃には霧になっていた。遠くが少し霞んで見える。ロンドンの夜のようだ、行ったことがないので真偽のほどは定かではないけれど、ジキルとハイドを読んだときはちょうどこんなイメージで読んでいた。霞がかかった街灯は綺麗な色。素敵な天気なのだけど適切な語彙が僕にない。日本語の雨に関する語彙は驚くほど多いのになあ。なんだか悔やまれる。 ため息をつくと、そいつも白かった。

 

 最近めっきり冷え込むようになったと思う。やはり11月ともなるとそれなりに寒さを感じる。先日寒さで目覚めて窓の外に目をやると真っ青な晴天の空だったので、「今年最初の放射冷却だなあ」と毛布の中で寒さを噛み締めて、というか実際に発音して、そして二度寝した。

 

 実は「放射冷却」という言葉か好きで日常でもよく使う。子供頃から好きだ。小学校低学年くらいの時に母から教わった記憶がある。僕は寒さには強い方なので、少々寒くたって快晴の青空が気に入っていた。どうやら昔から極端に青空が好きだったみたいだ。地元岡山県北部の冷え込みに比べたら大阪の冷え込みなんて大したことないので、ここ数年は放射冷却万歳だ。

 

 そういえば地元岡山県北部に位置する津山市は周りを山に囲まれた盆地であるので、冬になると霧がすごい。まさに濃霧、教科書に載せても恥ずかしくない濃霧。今日の夜霧なんて地元に比べたら、雲泥の差、月とスッポン、温水洋一とB'zの稲葉(ちなみに二人は同い年)。比べようもないほどに地元津山の霧は濃い。何しろ10m先がやっと見えるくらいの濃さだ。そんな中自転車を漕いで学校に行くと、制服に霧が凍りついたりしていた。当時は濃霧の中全力で坂道を下ったりしていたが、どうして事故に遭わなかったのか今となっては不思議だ。

 

 一体何の話だ。夜霧の話から大きく脱線している。そう、その夜霧の中を歩いて帰宅途中に面白いもの、というか楽しげなものを見た。

 

 家の近所まで来たところで角から中年の夫婦が現れた。どうやら散歩のよう。すれ違った後に足音が大きくなったので振り向くと、何やら奥さんが楽しげにスキップしていて驚いた。街中でスキップする大人が僕以外にいるなんて…。それは流石に買いかぶり過ぎかな?

 

 旦那さんも楽しそうだった。大人のスキップってなかなか見ものだ。馬鹿にしてるわけじゃないですよ、でもなかなか見られないでしょう?

 

 なんだか素敵な光景で心が少し温まった。

 

 何となく僕もスキップして帰ったら、楽しかったし体もあったまったのでおススメ。大人のスキップ入門である。

 

 

晴れた。台風の後について

f:id:bandsgr51try:20171025222228j:image

 久しぶりに朝日を拝めた、ありがたやありがたや。

 

 いつも乗っている電車も、なんだか今日は気持ちよさそうに走る。実際は土砂崩れとかでほかの路線は大変みたいだけど…。僕の行きたいところへは連れて行ってくれるので良しとする。

 

 経験上こんなに雨の続いた期間はなかったように思う。そもそも僕の出身地である岡山は極端に雨が少ないし、僕自身もどうやら晴れ男のようなので、雨ばかりのここ最近は頭が重かったり、肩が凝ったりと不調続きでうんざりだった。

 

 久しぶりに晴れ間が見えた今朝。しばらく聴いていなかったジャズのアルバムを聴く気になったり、今まで美味しかったコーヒーがなんだか美味しくなかったりといろんな変化があった。

 

 プラスとマイナスが同時にやってくるもんだから少々混乱気味である。

 

 今日はあんまり美味しくないコーヒーを飲み干したところで高校生たちが乗り込んで来た。若さが眩しい。

 

 彼らは台風が過ぎてしまった為に学校へ行かなければ行けない事に多少不満そう。でもまあそれなりに楽しみたいで、なんならいつもよりちょっと賑やかも。大人たちはいつもと変わらない様相を見せつつも内心…

 

 と言ったところで目的地。今日は降りないわけにも行かないので降りるとする。

 

 やっぱり空は高くて広い方が好きだ。しばらくは晴れてくれると嬉しいのだけれど。

深夜、ジャージ、冬の匂いについて

f:id:bandsgr51try:20171017144449j:image

 

 時刻は午前零時。なんか知らんけどコンビニ行きたくなっちゃいました。そういうことってありますよね? 

 

 外は雨。

 

 最近傘をさしません。なんだかその方がカッコいい気がしてるので…。後悔して悔い改めるまではこのスタイルで行こうかと思ってます。もしくは飽きるまで。

 

 カッパがわりにジャージの上を引っ張り出して着ました。いつぶりに着たのかしらこのジャージ…。

 

 ジャージから去年の冬の匂いがしたので多分去年の冬から着てません。

 

 外に出るとほんのり冬の匂いがしました。懐かしい匂いな気がして、ちょっとテンション上がりました。

 

 ウキウキして歩いていたら、知らないおじさんが前から現れて、なんだか緊張しました。

 

 コンビニはものの数分で着いたけど、何買うか決めてなかったので10分くらい悩みました。

 

 結局ウイスキーと炭酸水を買って家でハイボールを作って飲みました。ハイボールを自分の家で作ったのは初めてでした。

 

 以上昨日の夜の話でした。

〜お知らせ〜 2回目の卒業公演です!

 午前9時。まだ大学は眠ったまま、静かなもんだよ。こういう時、卒業しちゃったんだな僕はって思うんです。

 

 卒業したんですけど、もう一回卒業公演に関わることになりました。2回目の卒公です。後輩達の卒業公演にちゃっかり出演します。

 

♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜

 

平成29年度 大阪芸術大学 舞台芸術学科ミュージカルコース 卒業制作公演

 

 The Sound of Music  

f:id:bandsgr51try:20171015223043j:image

f:id:bandsgr51try:20171015223048j:image

 

10月23日(月)14:30開場 15:00開演

        24日(火)13:00開場 13:30開演

 

入場無料

 

ツイッターアカウントはこちら↓

https://mobile.twitter.com/s14musical_k_k

 

♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜

 

みんなとっても素敵です、是非お越しください。

 

脳内ため息について

 f:id:bandsgr51try:20171009212840j:image

 思考の檻というのがあるのだと思います。所詮人間は現実を捉えることはできなくて、その時感じた感覚から現実を推測することしかできなくて、その辺のズレみたいなものを感じた今日この頃でございました。

 

 はぁ。

 

 僕はいつからか傲慢にもそのズレを感覚から差し引くことを忘れて、ありもしない現実を頭の中に作り出しては、現実を思考の檻の中に閉じ込めて世界を捉えてるふりをしていたようです。

 

 はぁ。

 

 まあ、何が言いたいかというと、頑張りますということです。

 

 おわり。

 

 あ、髪切りましたー。

デジタルの感触について

f:id:bandsgr51try:20171005151256p:image

 

 最近テクノを聴いています。

 

 主に電車の中が多いかなあ、僕はこんな音楽初体験です。面白い。

 

 人工的な電子音は生き物の息と言うか、鼓動と言うかそんなのを全然感じなくて妙にへらべったい。だけど、なんだかそのへらべったさの中に距離感があって、うねりみたいなものが渦巻いてる。そのうねりが逆に動物っぽいと言うか…。

 

 まあ、なんやよくわからんのだけど…とにかくいい!すごくいい!!

 

 元がクラシック畑の人間なだけにこんな音楽は新鮮ですごくエキサイティング!電子音だから音階もコードも全然聞こえてこない、メロディーとか覚えられない!そこが逆にgood!

 

 この文章もテクノ聴きながら書いてるからしっちゃかめっちゃかになっちゃった、それくらいにはエキサイトしてます。

 

風の形について

f:id:bandsgr51try:20170907214143j:image

 職場のビルを出るとぬるくて分厚い空気にぶつかった。心配していた雨はもう上がっていて助かった。傘を持ってなかったから。

 

 でも、ちょっと残念かもしれない。

 

 エアコンに管理されてない外気は随分とワイルドでなんだか居心地が悪い。けど ぼくはやっぱりお外の方が好き。

 

 こんなしっかり雨が降ったのは久しぶり。どうやらぼくは晴れ男で雨にぶつかる機会が少ない。気がするんだけど…、忘れているだけかしら。

 

 雨を今日は珍しくじっくり観察できた。降ってくる雨達に風がぶつかると雨は揺れる。形を変える。風の形に姿を変える。風がどんな形なのかよくわかった。見えないものを見てるみたいで楽しかった。

 

 だから、帰りにもう一度見えるかもしれないと楽しみだったのだけど…。晴れ男だから仕方ないかな。